前へ | 次へ

Photo 49

Photo 49

川を泳いでいたクマは、まもなく川岸のコナラの木に登り、ドングリを食べはじめた。クマの胴体が水に浮いていたことから、クマはクリを十分に食べ、冬ごもりに必要な脂肪を厚くつけたようだ。10月中旬にもなると、過去に見たこれぐらいのクマの体には、脂肪が厚いところで5センチメートルもあった。川を泳いで近くまで来たクマは、体毛が水に濡れていた。

前へ | 次へ


(since 2010-03-05)
inserted by FC2 system